バーレーン人ブロガー&フォロワー、修善寺5泊の旅

みなさん、こんにちは。
ローカルトラベル・パートナーズの石垣です。
今年の春に請けた一風変わった旅行についてご紹介いたします。

去年の今頃、バーレーン人ブロガーさんから バスの手配と旅程の相談 を受けました。
もう日本は何度も旅行されていて、今年3月の20数名のフォロワーさんとの旅行の相談でした。
参加者はバーレーン、UAE、クウェート、サウジアラビアなどからとお聞きしました。

「え、修善寺に5泊?」って思いますよね?大まかな旅程はこうです。

1日目:大型バスで修善寺に到着、荷物をホテルに預け、中型バスで、伊豆を観光,修善寺1泊目。
2日目:中型バスで、富士市の茶農家訪問・茶畑&お茶飲み比べ体験、富士急ハイランド、修善寺2泊目
3日目:中型バスで、山梨県、鳴沢氷穴、かちかち山ロープウウェイ、山中湖、修善寺3泊目
4日目:中型バスで、箱根大涌谷、ロープウェイ、芦ノ湖クルーズ、箱根彫刻の森美術館、 修善寺4泊目
5日目:富士宮の茶畑&富士山ビュースポット、白糸の滝、御殿場プレミアムアウトレット、修善寺5泊目

修善寺を拠点として、静岡県、山梨県、神奈川県をまとめて「これでもか~!」
というほど満喫されています。私もついつい静岡県内に目を向けて旅程を考えてしまいがちですが、旅行者からすれば、「それは何県にあるのか?」なんてことは、どうでもよいことで、こういう柔軟な発想が出てくるのでしょうね。

【感心したこと】
①同じホテルに連泊なので、観光後、家に帰ってきたような感じがあり、気も休まる。
②毎日スーツケースに荷物を詰めなくて済む。(洗面用具とか、衣類とか、置きっぱなしは楽ですよね。)
②大きな荷物がないので、日々中型バスで観光できる。(貸し切りバス代金の節約)
④ホテルの連泊割引もあったかも…。

日本人にはなかなか思いつかない旅行かなと思いましたので、ご紹介しました。
では、また。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP